自分の肌のタイプを知ろう

profile img

kazuko

Category:
その他

contents section

この記事は約4分で読めます。

お肌タイプのチェック方法

洗顔したら、何もつけずに10分放置しましょう!

①洗顔したら、タオルで優しくお顔を拭いて何もつけずに10分放置!

     ⇓
     ⇓

②10分後、お肌の感じを確認する。
 肌のひりつき、ツッパリ感、目元口元に小ジワ
 これらはありませんか??
 鏡で自分の顔を確認しましょう。

     ⇓
     ⇓

③脂とり紙をTゾーンと頬に別々にあてて
 皮膚に押し当て、脂が付くかどうかチェックしましょう。

肌タイプの特徴

A:乾燥肌タイプ

☑ひりつきやツッパリ感をかなり感じる
☑目元口元の小じわが気になる
☑Tゾーンや頬にも脂が付かなかった

B:混合肌タイプ

☑部分的にひりつきやツッパリ感を部分的に感じる場所がある
☑目元や口元の小ジワも少し気になる
☑Tゾーンだけ脂がついた

C:脂性肌タイプ

☑全体的にひりつきやツッパリ感はないようだ
☑目元口元の小じわも気にならない
☑Tゾーンと頬に脂がついた

D:普通肌タイプ

☑洗顔してから10分の間にひりつきやツッパリ感は感じない
☑目元口元の小じわも気にならない
☑Tゾーンと頬には脂はつかなかった

いかがでしたでしょうか?

乾燥肌はお肌の大敵です!潤いがお肌を守っているので
しっかりと自分の肌タイプを知って、今後につなげましょう^^

ちなみにお肌の乾燥は、口からとる水分も関係しています。

最近は1日2リットルは水分を取りましょう!とか聞きますが…
その他の飲み物も入れた2リットルですよ!

コーヒーとか、味噌汁とか、ジュースを飲んだなら、それも水分です!

水分も取り過ぎるとかえって逆効果になる恐れもあるので
気をつけましょう!

脂性肌タイプだった場合でも乾燥が原因で肌荒れが起こっている場合も!

よくありがちなのが、脂性肌だと思ってお顔を洗いすぎたり、
保湿を怠ってしまって、逆に肌の水分量が失われてしまっている場合があるんです。
このようなケースのお肌を「オイリードライ肌」などと言われることもあるようですが、意外に「植物油」を使うことで改善する場合も多くあります。「植物油」には様々なタイプがあるので何でもいいというわけではありませんが、椿オイルやマカダミアナッツオイルなど、浸透性のいいオイルなどを試してみるのも、一つの手かもしれませんね。

べとつきが気になる場合は、ティッシュオフをして対応してみましょう。

Category:
その他

related post

関連記事

  • これさえ使えば…なんてないよ

    化粧品は肌に浸透してはいけない 普段から私が良くお話ししている内容で、 「化粧品は肌に浸透してはいけない」 という決まりがあるんですね。 どんなにいい成分でも、そっこーで効果があってはいけないわけです。 もしあるのならば、それは医療行為になるわけですね。 例えば美容にいいと有名になってきた成分。 ↓ コラーゲン ヒアルロン酸 プラセンタ

  • つけるオイル♡

    美肌を作る植物油って何ぞや? 知ってましたか?植物油には老化肌に効果がある成分が含まれているものが沢山あるってことを! 最近、芸能人や美容家さん、美しい方達のナイトルーティンやモーニングルーティンとか多いですよね😊 ボディクリーム一つにしても、胸・お腹・足などに、高級そうなクリームをそれぞれ使い分けていたり、お顔にも、使い切れるんかーい?一体何種類重ねて

  • Kazuko Mail Magazine

    Kazuko News Letter 無料メールマガジンを受取る♡ ※登録したメールアドレス宛に、3秒で「たるみしわなどの老化悩みから解放される アンチエイジング講座」動画レッスンが届きます。限定公開なのですぐにメールを確認してください。 ・講座動画内コメントに答えていただくと、プレゼントがございます!是非コメントしてプレゼントをお受け取りください! ・メルマ

  • 老化させる物質「活性酸素」

    叶姉妹じゃないですが、ここ最近はずっと老化をなるべく遅らせるために宅飲みのアルコールではビールは禁止! 赤ワインに変えました^^(たまに日本酒、たまにウイスキーは許して♡) 人生を楽しめる程度の我慢 「お酒を控えればいいんじゃないんかい!」 と聞こえてきそうですが、全てを禁止しては人生を楽しめませんので。 楽しめないのに人生長生きしなくていいかなっていう考えのもと、

  • うるおい肌への近道

    肌の乾燥は、美肌創りの大敵! 乾燥した肌はもちろん「老化の大敵!」ですが、老化以外でも、ニキビやお肌のトラブルを招く大きな原因です! 肌が乾燥しているということは、肌がとっても繊細な状態になっています。ちょっとした紫外線や刺激で、肌に傷やニキビ、シワやシミなどのトラブルを受け付けやすくなります。(超危険!) つまり、肌はうるおいで

  • 美のオイル

    体にいい最強の植物油を正しく取り入れて、10歳若返る♡ オイル(油)はどこのご家庭にもある、必需品ですよね。その、何の気なしに使っている油に意識を向けたことはありますか? 油は摂りすぎると肥満や動脈硬化を招いたり、腸内環境を悪化させ便秘を引き起こしたりと「悪いイメージ」が強いですよね。 一方で、油は栄養学では「脂質」のことで、「タンパク質」「糖質」に並ぶ体に必要な三大栄